トランプ氏大統領令の向かう先とは

No Comments

アメリカ合衆国の大統領となったドナルド・トランプ氏の発言に世界が混乱に陥っています。大統領令によって入国が困難となった人たちが沢山いて、これはおかしいことだと一見思います。しかし、アメリカ国民は移民によって自分たちの生活に支障がきたすと思いトランプ氏を推薦したのです。移民ということは自分の文化があるわけです。例えば日本では玄関があり靴を脱ぐ習慣があります。しかし、アメリカでは室内でも靴を履いたままです。これが文化の違いとなります。日本には郷に入っては郷に従えということわざがありますが、それを移民ができるかというところなのです。イギリスでは移民が道にゴミをポイ捨てするので景観が汚く見えるという国民の意見も出ました。文化の違いによる不満は確かに存在するためそれを考えるとトランプ氏の言っていることは行き過ぎていますがそれもまた人々の気持ちであると私は思います。ただ、一つ問題なのは今回は難民であるというところで、難民といっても、本当に迫害や内戦など様々な理由により逃げてくるしかない人々もいますが職を探すために難民申請する人もいるのです。本当の難民なら助けるべき対象であると思います。結局、全ての人が聖人なら前大統領のオバマ氏の考え方は適用されるべきなのですが、それを悪用する人がいるこの世の中ではなかなか難しく、トランプ氏のような考えを推進する支援者が出てくるのだと思います。総量規制対象外 銀行カードローン審査
トランプ氏の大統領令により他国も自国の文化を守るという路線に転換する可能性が出てきました。それにより景気が良くなるかというとそうでもないと思いますがグローバル化という名の押し付けがなくなり新たなステージに進めるのではないかと思います。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です