食材とアイディアでピンチを乗り切る方法の一例

No Comments

ピンチになった時、多くの皆さんがまっ先に考えることは食費の節約だと思います。

私の場合には日持ちのする常備野菜(人参 玉ねぎ ジャガイモ等)を効果的に活用することで食費を抑えることに成功しました。

例えば上記の常備野菜に薄切りの牛肉を合わせただけで、一方は肉じゃがになり、他方はカレーやグラタン等に変化が多様です。

肉を炒めて野菜が柔らかくなるまでの工程は一諸ですので、私はこれらを大量に作り、一方だけ当日食べて他方は冷凍保存にして別日に食べることにしています。

一度に火をいれることで時短はもとより、光熱費の節約にもなるのでかなりのお得感を感じます。

肉じゃがには白滝やきのこを、カレーにはナスをプラスするなどの飽きのこないように多少のアレンジも忘れません。

食費は服飾費やレジャー費とは異なり毎日のことなので、安価な食材を購入するくらいしか術がないと思っておりましたが、色々と考えてみるとまだまだ楽しく節約する

方法があるような気がします。食材も安売りだからといって大量に買ったものの使い切りが難しい場合もありますので、私はどんなに安く購入が可能でも、自分の

メニューとして活躍の場がない食材にはあまり手を出すことはありません。その代り、利用頻度の高い食材は安売りに家族を動員してでも大量買いをしています。

家族構成や好みにもよりますが、私のような例も何かの参考にしていただけたら幸いです。

バンクイック審査

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です